Fight the Future

Java言語とJVM、そしてJavaエコシステム全般にまつわること

プレゼン、ボランティアコーチします!

勉強会でスピーカーをやりたいけど、プレゼンが初めて、苦手という方に無償でコーチします!資料レビューや録画リハへアドバイスします。Twitter@jyukutyoまでメンションでもDMでも。

私はデブサミやJJUG CCCなど200人規模で登壇経験ありです。海外での登壇も短いながらあり。デブサミ2017では公募スピーカー1位でした!

関西Javaエンジニアの会スペシャル! JavaOne 2014 報告会を開催しました

関西Javaエンジニアの会スペシャル! JavaOne 2014 報告会 - connpass

いつも来てくださる寺田さん、さくらばさんとスピーカーをしてくださった方々、ありがとうございました!

JavaOne 2014 San Franciscoに参加された方から、技術的なことから観光や食事のことまで、いろいろなことを話していただきました。

感じたこと

とにかく思ったのは、やっぱり僕もJavaOneに行きたい!ってことですね。来年はJava 20周年でもありますし。

熱が覚めないうちにということで、関ジャバから帰ってすぐ妻と話してみました。 参加者から聞くに参加費用は渡航費と宿泊費、JavaOne参加費と合わせて40万円越え… さらに幼児がいる家庭としては1週間海外にいること自体が負担ではありますが、「私がミスチルの20周年ライブにどうしても行きたかったようなもんか」ととくに反対もなく納得してくれました。 あとはこの費用をどう捻出するかだけとなりました。

オープニング

JavaOneと言えば、やっぱりJavaを絡めた音楽と動画ですよね。

Welcome to JavaOne -- Java Is What Java Does - YouTube

今年も楽しませてもらいました。

内容

今回も50名弱のみなさんに参加していただけました!

f:id:jyukutyo:20141125120058j:plain

恒例の、JavaOneおみやげ争奪じゃんけんもやりました~。 寺田さんとさくらばさん、いろふさん、ともたかさん、景品のご提供ありがとうございました!

f:id:jyukutyo:20141125120108j:plain

反省

懇親会の連絡が当日になっていまいました。運営全員うまく動けていなかったのが改善点ですね。 あと、技術セッションが少なかったかな、と感じました。来年は自分自身が行って、何か技術的なことを話せたらいいかな~なんて夢見てます。

JavaMagazineについて

JavaMagazineは素晴らしいコンテンツなのに、知名度が低くて残念…ぜひ登録してご購読ください!

Java Magazine

数ヶ月遅れて日本語訳も出ますが、すべて翻訳されるわけではないので、英語版を読むほうがよいとのことです!僕も英語版を読んでいます。

Java Magazine 日本版