読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fight the Future

何かを始めたら、半分成功したのと同じ

コワいのはインフルエンザではなくパニックだ

すばらしいエントリで、京大の対応を紹介してくださってます。
新型インフルに対する京都大学の対応がかっこよすぎる - てっく煮ブログ


マスクが奪い合うように買い漁ったり、mixi経由で知ったけど神戸では電車内で咳をしただけで白い目で見られ近くの人が離れるということにもなっているそうだ。


マスクにまったく効果がないとは思っていないが、ウィルスが弱毒性である以上人を押しのけたりしてまでとは思う。

マスクは咳やくしゃみをする人が装着することに意味があります

保健管理センター:新型インフルエンザに関する緊急情報(第2報) — 京都大学

現在体調が悪い人や、高齢者などに積極的に譲るべきだと思う。

毒性は強くありません。しかし、持病のある場合や妊婦では重症化するおそれもあります。

保健管理センター:新型インフルエンザに関する緊急情報(第2報) — 京都大学

妊婦さんだと薬が飲めないわけだし。


とにかく、もちつけということ。
日本人はパニックになりやすい人種なのかなあ。


病気なので、たとえ医者であってもさまざまな意見があり、どうするべきというのは一概には決められない。
ただ、マスコミに踊らされるように行動することが一番コワい。


どんなことをしても感染する確率を0にすることはできないのは風邪と同じ。
だから風邪の予防と同じようにうがい、手洗いを「継続的に」しっかりすることで、確率をかなり下げることができるはず。


咳をしただけで白い目で見たり、薬局にマスクを求めて殺到したりするのは、人としてかなり恥ずかしいことだと思うよ。