Fight the Future

Java言語とJVM、そしてJavaエコシステム全般にまつわること

IT勉強会での初プレゼンなどお助けします!

勉強会でスピーカーをやりたいけど、プレゼンが初めて、苦手という方に無償でコーチできます。スライドのレビューや録画したリハへのアドバイスなどなど。Twitter@jyukutyoまでメンションでもDMでもお気軽にご連絡ください。

私はIT講師の経験があり、プレゼンはデブサミやJJUG CCCなど200人規模の経験が豊富で最大800人の前でプレゼンしました。海外ではDevoxxUSで。デブサミ2017では公募スピーカー1位、デブサミ関西2012アワードで5位となりました。

すべてのオブジェクト指向プログラマは『ThoughtWorksアンソロジー』を読むべき

感動した!
モスで思わず「そういう使い方があるんか...」と漏らしてしまったほど。

ThoughtWorksアンソロジー ―アジャイルとオブジェクト指向によるソフトウェアイノベーション

ThoughtWorksアンソロジー ―アジャイルとオブジェクト指向によるソフトウェアイノベーション

それは「9章 ドメインアノテーション」で。


僕は別にドメイン駆動原理主義ではないから、
ドメイン駆動そのものにこだわりがあるわけではないんだけど、
このドメインモデルの横断的関心事にアノテーションを使う、という考えには深い感動を受けた。


まさに「その発想はなかったわ...」というもの。


アノテーションなめてた。いや僕はアノテーションは評価してた...つもりだった。
関連をたどるためにアノテーションを使うなんて...そしてそれがより凝集度を高めるなんて...


やっぱすげーよThoughtWorks。ジョエル・オン・ソフトウェアと同じくらいおもしろい。
こっちの方が実装寄りかな。
オブジェクト指向への理解が一段高まった感じがする。


あー買ってよかった!