Fight the Future

Java言語とJVM、そしてJavaエコシステム全般にまつわること

IT勉強会での初プレゼンなどお助けします!

勉強会でスピーカーをやりたいけど、プレゼンが初めて、苦手という方に無償でコーチできます。スライドのレビューや録画したリハへのアドバイスなどなど。Twitter@jyukutyoまでメンションでもDMでもお気軽にご連絡ください。

私はIT講師の経験があり、プレゼンはデブサミやJJUG CCCなど200人規模の経験が豊富で最大800人の前でプレゼンしました。海外ではDevoxxUSで。デブサミ2017では公募スピーカー1位、デブサミ関西2012アワードで5位となりました。

若手に覚えてほしい質問への答え方

「第一声で質問への答え/結論を述べること」

質問するとこういう人がいる。
「○○はスケジュールどおりですか?」

「○○は今ここをやってまして、ですが先に××の作業がありまして・・・」


この答え方は完全にアウト


質問した人が聞きたいのはあなたの状況でもないし、詳細な内容でもない。
「質問への答え」である。
「○○はスケジュールどおりですか?」

「スケジュールどおりです/○日遅れています」
でいい。


詳しい状況が聞きたければ質問した人からさらに質問が出るはずだ。

  • 「なぜですか?」
  • 「他の人に作業をまわしましょうか?」
  • 「スケジュールを変更する必要はありますか?」

などなど。


今の例はクローズドクエッションだったけど、オープンクエッションでも同じ。
「なぜですか?」

「△△部分の実装で1日の予定が1.5日かかったためです。」


絶対身に付けておいて損はないよ。
僕もいつもそう答えるようにしてる。
もちろんいつもうまく答えられるわけではないけど、常にそういう答えを返すように考えて話す。