Fight the Future

Java言語とJVM、そしてJavaエコシステム全般にまつわること

IT勉強会での初プレゼンなどお助けします!

勉強会でスピーカーをやりたいけど、プレゼンが初めて、苦手という方に無償でコーチできます。スライドのレビューや録画したリハへのアドバイスなどなど。Twitter@jyukutyoまでメンションでもDMでもお気軽にご連絡ください。

私はIT講師の経験があり、プレゼンはデブサミやJJUG CCCなど200人規模の経験が豊富で最大800人の前でプレゼンしました。海外ではDevoxxUSで。デブサミ2017では公募スピーカー1位、デブサミ関西2012アワードで5位となりました。

関ジャバはJCPメンバーになりました!(+ JCP参加申込方法)

Congratulations!
This e-mail message is to officially recognize that
        KanJava

is now a JCP Member.

ということで、関ジャバはJCPのメンバーとなりました!

JCPは「Java Community Process」の頭文字をとったもので、JCPのメンバーになることで、Javaの仕様策定に関わることができます。基本的には個人や企業でメンバーとなりますが、JUGとしてメンバーになることもできます。今回関ジャバもJUGとしてJCPメンバーとなりました。JUGでメンバーとなっているので、JCPの年会費はかかりません。

JCPへの申込方法(JUGも個人もほぼ同じです)

関ジャバがJUGとなったとき、次のような文がありました。

In order for KanJava to be listed on the JCP JUG page (https://jcp.org/en/participation/JUG_list), KanJava will need to join the JCP and become a JCP Member.

Please follow the instructions to join the JCP as a JUG Member: https://jcp.org/en/participation/membership2

JCP JUGページに関ジャバを掲載するにはJCPに参加してメンバーにならないといけないよ。参加方法はこれ見てね。」という内容です。基本的にはこのURLにある手順に従うだけでJCPへ参加申請をすることができます。

https://jcp.org/en/participation/membership2を見ると複雑そうな手順に見えますが、やることは単純です。手順3まではJCPにアカウントを登録してログインするところまでです。手順4でフォームに入力してサブミットすると、PDFができます。そのPDFを印刷して、ボールペンで記入し、JCPプログラム マネージメントオフィスに送るだけです。

このフォームは、とくに困るところはないかと思います。住所は日本と逆で、番地、町村、区、市、都道府県となります。番地、町村でAddress Line1、区があればAddress Line 2に入れて、市と都道府県ははCityに入れました。

印刷物への記入方法も手順7を見ると画像付きで解説があるので、難しくありません。3ページの「Process Cost Sharing」と10ページの「Member」部分です。

3ページは「Process Cost Sharing」で「Individual representing self only」の横にイニシャルを書きます。イニシャルは名、姓のそれぞれの頭文字です。「かんさいたろう」さんなら「TS」となります。ここで、Java User Groupとして登録する場合だけ、「Individual representing self only」と「No Fee」の間に「Java User Group」と書き込みます。

10ページは「Signature」にローマ字で名前を書きました。「かんさいたろう」さんなら「Taro Kansai」ですね。Dateには日付を入れましょう。一応アメリカのフォーマットで入れました。

さて、印刷物を送る方法はいくつかありますが、僕はFAXで送りました。もちろんFAXは持っていないので、ローソンから送りました。ローソンは海外FAXに対応していますが、たとえばセブンイレブンは対応していないので注意してください。とくに送信内容などを書いて送ったりせず、JCPAの全ページをそのまま送りました。

FAXサービス|サービス|ローソン

FAXを送って数日後には連絡があると思います。不備があればJCPプログラムマネージメントオフィスから連絡が来ます。日本語ができる方がおられますので、不備の内容は日本語でメールがもらえます。僕の場合、「Process Cost Sharing」に不備があり、その旨を連絡してもらえました。修正してFAXする場合、全ページではなく修正したページだけ再送信すれば大丈夫です。

すべてOKだったら、「[JCP] Welcome to the Java Community Process!」という件名でjcp.orgからメールが来ます。そのほか別でJCP Account Informationのメールと、送ったJCPAをPDFにしたものがメールで来ます。

これであなたもJCPメンバーです!