読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fight the Future

何かを始めたら、半分成功したのと同じ

Ubuntu 11.10でデフォルトで作成されるディレクトリを日本語から英語にする

今までのUbuntuにあったコマンドは、使えないらしい。

ホームフォルダに、Desktop、Downloads、Templates、Public、Documents、Music、Pictures、Videos、という名前のフォルダを作成する。

mkdir Desktop Downloads Templates Public Documents Music Pictures Videos
次に、

サイドバーの『ホームフォルダー』
を開き、メニューの『表示』 > 隠しファイルを表示するにチェックを入れ、.configに移動、user-dirs.dirsを開き、内容を以下のように変更する。

XDG_DESKTOP_DIR="$HOME/Desktop"
XDG_DOWNLOAD_DIR="$HOME/Downloads"
XDG_TEMPLATES_DIR="$HOME/Templates"
XDG_PUBLICSHARE_DIR="$HOME/Public"
XDG_DOCUMENTS_DIR="$HOME/Documents"
XDG_MUSIC_DIR="$HOME/Music"
XDG_PICTURES_DIR="$HOME/Pictures"
XDG_VIDEOS_DIR="$HOME/Videos"
その後ログインし直せば設定が反映される。

Ubuntu Tweakで変更することも可能。

※LANG=C xdg-user-dirs-gtk-updateは使えなくなったっぽい。

http://www.k5.dion.ne.jp/~r-f/sicklylife/memo/ubuntu1110/setting_and_install.html