Fight the Future

Java言語とJVM、そしてJavaエコシステム全般にまつわること

IT勉強会での初プレゼンなどお助けします!

勉強会でスピーカーをやりたいけど、プレゼンが初めて、苦手という方に無償でコーチできます。スライドのレビューや録画したリハへのアドバイスなどなど。Twitter@jyukutyoまでメンションでもDMでもお気軽にご連絡ください。

私はIT講師の経験があり、プレゼンはデブサミやJJUG CCCなど200人規模の経験が豊富で最大800人の前でプレゼンしました。海外ではDevoxxUSで。デブサミ2017では公募スピーカー1位、デブサミ関西2012アワードで5位となりました。

とりあえずCentOSにSubversionを入れてリポジトリを作る

yum install subversion

リポジトリを/tmp/myrepositoryに作成する場合は,次のコマンドを実行します。

$ svnadmin create /tmp/myrepository

Subversion+svkでらくらく分散リポジトリ:第1回 Subversionを使おう|gihyo.jp … 技術評論社

/tmp/myrepository/conf/svnserve.confを開いて,次の行を変更します。各行の#以降はコメントとみなされます。ここでは,ユーザ認証にpasswdファイルを使用する,という意味になります。

変更前:

# password-db = passwd

変更後:

password-db = passwd

次に同じディレクトリにあるpasswdファイルを編集します。[users]の行の下に次の形式でユーザとパスワードを指定します。

ユーザ名 = パスワード

Subversion+svkでらくらく分散リポジトリ:第1回 Subversionを使おう|gihyo.jp … 技術評論社

$ svnserve -d --foreground -r /tmp/myrepository

Subversionの専用サーバはsvnserveで起動します。ここでは,-dでデーモンとして起動するように指定しています。デーモン以外にもinetd経由で起動する場合の-iというオプションもあります。オプションで--foregroundを指定しない場合は,バックグラウンドプロセスになります。-rで先ほど作成したリポジトリへのパスを指定します。

Subversion+svkでらくらく分散リポジトリ:第1回 Subversionを使おう|gihyo.jp … 技術評論社