Fight the Future

Java言語とJVM、そしてJavaエコシステム全般にまつわること

IT勉強会での初プレゼンなどお助けします!

勉強会でスピーカーをやりたいけど、プレゼンが初めて、苦手という方に無償でコーチできます。スライドのレビューや録画したリハへのアドバイスなどなど。Twitter@jyukutyoまでメンションでもDMでもお気軽にご連絡ください。

私はIT講師の経験があり、プレゼンはデブサミやJJUG CCCなど200人規模の経験が豊富で最大800人の前でプレゼンしました。海外ではDevoxxUSで。デブサミ2017では公募スピーカー1位、デブサミ関西2012アワードで5位となりました。

Java EE 6ではServletがPOJO

Servlet 3.0では、アノテーションを用いてServletに関するメタデータを記述できるようになります。これにより今まで必須だった「web.xml」がオプションになります。また、従来HttpServletクラスのようなJ2EE/JavaEEの仕様が提供する親クラスを継承してServletを作成していましたが、アノテーションにより、そのクラスがServletであることや、どのメソッドがGET・POSTなどのリクエストを処理するか特定できるため、任意のJavaオブジェクトをServletとして利用できるようになります。

最近のJavaEE事情 〜Java EE 6の向かう先〜:CodeZine

ひさびさの河村さんの記事です。
Java EE 6のそれぞれの仕様の概要がすごくよくまとまっています。