読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fight the Future

何かを始めたら、半分成功したのと同じ

Java EE 6ではServletがPOJO

Servlet 3.0では、アノテーションを用いてServletに関するメタデータを記述できるようになります。これにより今まで必須だった「web.xml」がオプションになります。また、従来HttpServletクラスのようなJ2EE/JavaEEの仕様が提供する親クラスを継承してServletを作成していましたが、アノテーションにより、そのクラスがServletであることや、どのメソッドがGET・POSTなどのリクエストを処理するか特定できるため、任意のJavaオブジェクトをServletとして利用できるようになります。

最近のJavaEE事情 〜Java EE 6の向かう先〜:CodeZine

ひさびさの河村さんの記事です。
Java EE 6のそれぞれの仕様の概要がすごくよくまとまっています。