読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fight the Future

何かを始めたら、半分成功したのと同じ

DbUnitNGの今後

TestNG

TestNGとDbUnitNGを連携するライブラリDbUnitNGは、考えていた機能は作り終えました。
今後は、ライブラリのテストケースを増やして、バグを修正します。
多くの機能を提供するライブラリでもないので、使いやすいと思います。
提供する機能は、大きく3つです。

  1. DbUnitのSetUpとTearDownのアノテーション
  2. BeanのListをDbUnitのDataSetに変換し期待値とアサート
  3. 期待値とDBテーブルのアサートをアノテーション

これだけしかしないですけど、わりと開発で頻繁に使う部分です。


なんだけど、そもそもTestNGの知名度が低い気がする。
決して新しいプロダクトでもないのに。
TestNGというプロダクトそのものの完成度や実力と比べて、その知名度の低さは不当だと思う。
JBoss Seamは統合テストフレームワークTestNGを拡張したものを提供してる。
InfoQにもあるように、海外エンジニアはTestNGを高く評価してる。
一見JUnit4と同じに見えるかもしれないけど、多くの使える機能があるし新しいコンセプトも多い。
コミュニティも活発でMLにも多くの質問と回答が流れている。


というわけで、これからTestNG普及への活動をしていきます。
このBlogもそうだけど、より多くのエンジニアの目に触れるようなところでもTestNGを紹介しようと思います。