読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fight the Future

何かを始めたら、半分成功したのと同じ

@TableAssertでクエリをファイルに書けます

TestNG+DbUnitライブラリであるDbUnitNGで、DbUnitライブラリ@TableAssertでDBとアサートできます - Fight the Future じゅくのblogにある@TableAssertに機能を追加しました。

結果をDBから取得するクエリをプロパティファイルに記述できるようにしました。

@TableAssert(names = "dept", pathname = "insert_expected.xml", propertyFilePath="query.properties", keys="test")
@SetUpOperation(pathname = "dept.xml", value = DatabaseOperationType.DELETE_ALL)
public void testTableAssert3() {
	insert();
}

クエリを直接Javaコードに記述すると読みづらいので。


@TableAssertのpropertyFilePath属性がプロパティファイルへのパスです。
「/」がない場合、テストクラスと同じパッケージにあるファイルを探します。
「/」があればクラスパスのルートからの位置になります。
keysに指定したキーの値としてクエリを書きます。

test = select dname, deptno, loc from dept

namesはクエリの結果を格納するDbUnitのITableのテーブル名です。