Fight the Future

Java言語とJVM、そしてJavaエコシステム全般にまつわること

IT勉強会での初プレゼンなどお助けします!

勉強会でスピーカーをやりたいけど、プレゼンが初めて、苦手という方に無償でコーチできます。スライドのレビューや録画したリハへのアドバイスなどなど。Twitter@jyukutyoまでメンションでもDMでもお気軽にご連絡ください。

私はIT講師の経験があり、プレゼンはデブサミやJJUG CCCなど200人規模の経験が豊富で最大800人の前でプレゼンしました。海外ではDevoxxUSで。デブサミ2017では公募スピーカー1位、デブサミ関西2012アワードで5位となりました。

カリー化がやっとわかりました

Groovy でのカリー化

やり方は非常に簡単で、クロージャに定義される curry() メソッドにカリー化する引数を渡してやれば、指定した引数でカリー化されたクロージャが生成される。

Groovy と Scala でのカリー化 - なんとなくな Developer のメモ

カリー化(currying)とは、計算機科学分野の技法の一つ。複数の引数をとる関数を、引数が「もとの関数の最初の引数」で戻り値が「もとの関数の残りの引数を取り結果を返す関数」であるような関数にすること。

カリー化 - Wikipedia

カリー化ってそういうことかー。
なるほど!たしかに「もとの関数の残りの引数を取り結果を返す関数」。