Fight the Future

Java言語とJVM、そしてJavaエコシステム全般にまつわること

IT勉強会での初プレゼンなどお助けします!

勉強会でスピーカーをやりたいけど、プレゼンが初めて、苦手という方に無償でコーチできます。スライドのレビューや録画したリハへのアドバイスなどなど。Twitter@jyukutyoまでメンションでもDMでもお気軽にご連絡ください。

私はIT講師の経験があり、プレゼンはデブサミやJJUG CCCなど200人規模の経験が豊富で最大800人の前でプレゼンしました。海外ではDevoxxUSで。デブサミ2017では公募スピーカー1位、デブサミ関西2012アワードで5位となりました。

プロジェクトの初めから作ると決まっているドキュメントなどない

プロジェクトは1つとして同じものはないってこと。


システムとユーザが多く相互作用するシステムとバッチ処理が多いシステムでは成果物とするドキュメントは違っていて然るべき。
ここではどんなプロジェクトでもユースケースモデルを作る!と決めてしまうと、バッチ処理が多いシステムではユースケースはあまり意味を持たないから無駄な作業が多くなってしまう。


『今回の』プロジェクトでは何が必要か考えなければならないってこと。
手順に従ってさえいれば完成するようなシステムは、ない。


逆に言うと、システム開発のおもしろさは、ひとつとして同じものがないってところだと思う。