読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fight the Future

何かを始めたら、半分成功したのと同じ

DbUnitのDatabaseTestCaseを継承して独自のテストフレームワークを作る

pg

DatabaseTestCaseクラスには2つの抽象メソッドがあります。

/**
 * Returns the test database connection.
 */
protected abstract IDatabaseConnection getConnection() throws Exception;

/**
 * Returns the test dataset.
 */
protected abstract IDataSet getDataSet() throws Exception;

getConnection()ではIDatabaseConnectionの実装クラスであるDatabaseConnectionオブジェクトを生成して返します。DatabaseConnectionのコンストラクタにConnectionオブジェクトを渡します。なので、DriverManagerからでもConnectionオブジェクトを作りましょう。

Connection conn = DriverManager.getConnection(URL, USER, PASSWORD);
IDatabaseConnection databaseConnection = new DatabaseConnection(conn, "スキーマ名を大文字で");

URLはDB2なら「jdbc:db2://localhost:50000/AWE2W1T」とか。USERはデータベースユーザ名で。DatabaseConnectionのコンストラクタにはスキーマも渡すことができます。DB2なら渡しておくほうがいいです。

しかも「大文字」で。

DbUnitの内部でスキーマは大文字で保持しているので、小文字で渡すとダメでした。ケースは無視してほしいなあ。さらにDBごとの設定もできます。

DatabaseConfig config = databaseConnection.getConfig();
config.setProperty(DatabaseConfig.PROPERTY_DATATYPE_FACTORY, new Db2DataTypeFactory());

DBの文字列とか数値とか日付っていう基本的な列しか使わないならこの設定はいらないっぽい。
getDataSet()ではDBの初期化のためにIDataSetの実装クラスを返すわけですが、excelで初期化データを作るなら、ここの以前の日記を参考にInputStreamを作成してください。

InputStream initFile = excelから作成したInputStream;
IDataSet dataSet = new XlsDataSet(initFile);

って感じです。