読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fight the Future

何かを始めたら、半分成功したのと同じ

Execute Queryの初期設定

ツール

Execute Query
http://executequery.org/

  • JDBCドライバの設定

左側のタブで「Drivers」を選択。タブ内の「JDBC Drivers」を選択。右側のペインにある「New Driver」を押す。
「Driver Name」は任意で。「Database」で対象のデータベースを選択。ひととおりのDBは選択肢にあるよ。「JDBC URL」はいつもどおり。DB2だったらデフォルトだと「jdbc:db2://localhost:50000/データベース名」っていう感じ。「Path」はJDBCドライバのパス。DB2だったら「db2jcc.jar」と「db2jcc_license_cu.jar」を複数選択しましょう。「Class Name」の横の「Find」を押すとクラス名の候補を一覧表示してくれます。DB2なら「com.ibm.db2.jcc.DB2Driver」です。
ところで右下に棒グラフがあって、ヒープの使用量が見えます。

  • データベースコネクションの設定

メニューから「Database」→「Connections」→「New Connection」を選択。「Connection Name」は任意。「User Name」と「Password」を入れます。
「Store Password」をチェックするとパスワードを保存するので次回から入力しなくてよくなります。
「Encrypt Password」をチェックするとパスワードが暗号化されるようです。
JDBC Driver」にさっき作ったJDBCドライバが選択肢にあるので、それを選択します。
「Connect」を押してエラーダイアログが出なければOK!