Fight the Future

Java言語とJVM、そしてJavaエコシステム全般にまつわること

プレゼン、ボランティアコーチします!

勉強会でスピーカーをやりたいけど、プレゼンが初めて、苦手という方に無償でコーチします!資料レビューや録画リハへアドバイスします。Twitter@jyukutyoまでメンションでもDMでも。

私はデブサミやJJUG CCCなど200人規模で経験ありです。海外も短いながら経験あり。デブサミ2017では公募スピーカー1位でした!

Apache Tuscanyのトップページ翻訳

http://incubator.apache.org/tuscany/をざっと訳してみました。

Welcome to Apache Tuscany. The Apache Tuscany project is currently in Incubation under the Apache Incubator.

Apache Tuscanyにようこそ。Apache Tuscanyプロジェクトは現在Apacheインキュベーターの元で開発中です。

Apache Tuscany project simplifies the development of business solutions using a service-oriented architecture (SOA). It provides an implementation for Service Component Architecture (SCA), Service Data Objects (SDO) and Relational Database Data Access Service (RDB DAS) in conjunction with other well-established Java runtime environments such as Apache Axis, Apache Tomcat, and Apache Geronimo.

Apache Tuscanyプロジェクトはサービス指向アーキテクチャ(SOA)を使ったビジネスソリューションの開発を容易にします。サービスコンポーネントアーキテクチャ(SCA)とサービスデータオブジェクト(SDO)、リレーショナルデータアクセスサービス(RDB DAS)の実装を提供します。Apache AxisやApache TomcatApache GeronimoのようなほかのしっかりしたJava実行環境と連動します。

SCA provides developers with a simple model for creating systems based on SOA and addresses infrastructure capabilities such as transactions, security and reliable messaging. Solutions developed using SCA can be declaratively changed to alter infrastructure capabilities or application configuration properties to meet business requirements. For example, security policies or currency for one environment may be different from those required by another environment and SCA allows these to be changed declaratively without the need for re-implementation.

SCAは開発者にSOAに基づくシステム構築のための簡単なモデルを提供します。またトランザクションやセキュリティ、確かなメッセージングのようなインフラストラクチャの機能を扱います。SCAを用いて開発されるソリューションはビジネスの要求に合わせるためにインフラストラクチャの機能やアプリケーション設定のプロパティを宣言的に変更できます。たとえば、ある環境のためのセキュリティポリシーや通貨はほかの環境で必要とされるものとは異なっているかもしれません。SCAは再実装の必要なく宣言的にそれらを変更できるようにします。

SCA divides up the steps in building a service-oriented application into two major parts:

* The Implementation of components which provide services and consume other services. SCA supports service implementations written using any one of many programming languages, both including conventional object-oriented and procedural languages such as Javatm, PHP, C ++, and also XML-centric languages such as BPEL and XSLT, and also declarative languages such as SQL and XQuery. SCA also supports a range of programming styles, including asynchronous and message-oriented styles, in addition to the synchronous call-and-return style.
* The Assembly of sets of components to build composite business applications that addresses specific business requirements. This is performed by wiring together the service implementation components.

SCAはサービス指向のアプリケーションを構築するステップを大きく2つに分けます。

* サービスを提供し、ほかのサービスを利用するコンポーネントの実装。SCAは多くのプログラミング言語のどれかを使って書かれたサービスの実装をサポートします。それらはたとえばJavaPHPC++BPELXSLTのようなXML中心の言語、SQLXQueryのような叙述的言語などの従来のオブジェクト指向と手続き型の両方を含みます。SCAはまた動機的な呼び出しとリターンのスタイルに加えて非同期やメッセージ指向のスタイルを含んだプログラミングスタイルの範囲もサポートします。
*特定のビジネス要求に合うようにビジネスアプリケーションを合成するして ビルドするコンポーネントの集合の組み立て。これはサービス実装のコンポーネントを一緒に関連付けて実行します。

For more information about SCA read the white paper on Service Component Architecture (SCA) on Documentation page. Tuscany provides runtime implementation of SCA in both Java and C++.

SCAに関する詳細な情報はドキュメンテーションページにあるサービスコンポーネントアーキテクチャ(SCA)の文書を読んでほしい。TuscanyはJavaC++の実行環境を提供します。

SDO provides a consistent view of data regardless of the type of data store where the data resides. It maintains history of change in data as well as referential integrity of schema. Tuscany implements SDO in Java and C++. PHP implementation of SDO is also available under PECL at this link http://pecl.php.net/package/sdo To further understand the benefits of SDO please refer to the white paper called SDO white paper on the Documentation page.

SDOはデータが存在するデータストアの種類に関わらずデータの一貫したビューを提供します。関連したスキーマの完全性はもちろんデータの変更履歴も保持します。TuscanyはJavaC++でSDOを実装します、SDOのPHP実装はまたリンクhttp://pecl.php.net/package/sdoにあるPECLの下で利用可能です。SDOの利点をより理解するにはドキュメンテーションページのSDOの部分を参照してください。

RDB DAS provides a generic data access service that provides transformation capability between SDO data graphs and relational databases and vise versa. To further explore the benefits of DAS please refer to white paper on Documentation page.

RDB DASはSDOデータグラフとリレーショナルデータベースなどの間の変換機能を提供する一般的なデータアクセスサービスを提供します。DASの利点のより詳細な説明はドキュメンテーションページを参照してください。

You can get a feel for what it's like to create simple applications using Tuscany by trying out the Sample Programs that are supplied with the Tuscany project.

Tuscanyを使った単純なアプリケーションを作成して感触をつかんでみたい場合はTuscanyプロジェクトで提供するサンプルプログラムを試してみてください。

The specifications for SDO and SCA can be found on the Documentation page:

* The SCA 0.9 Assembly Model specification
* The SCA 0.9 Client and Implementation Model specifications - for Java and for C++
* The SDO 2.01 specifications - for Java and for C++

SDOとSCAの仕様はドキュメンテーションページにあります。

* SCA 0.9 アセンブリモデル仕様
* SCA 0.9 クライアントと実装モデル仕様 - JavaC++
* SDO 2.01 仕様 - JavaC++

Tuscany is very interested in getting your comments or any feedback you may have. Please feel free to post these on the mailing lists. Mailing list information is available in the Project Mailing Lists section. We look forward to your involvement in Tuscany.

Tuscanyはあなたのコメントとフィードバックをお待ちしています、メーリングリストに自由に投稿してください。メーリングリストの情報はプロジェクトメーリングリストセクションにあります。Tuscanyに関与されることを楽しみに待っています。