Fight the Future

Java言語とJVM、そしてJavaエコシステム全般にまつわること

プレゼン、ボランティアコーチします!

勉強会でスピーカーをやりたいけど、プレゼンが初めて、苦手という方に無償でコーチします!資料レビューや録画リハへアドバイスします。Twitter@jyukutyoまでメンションでもDMでも。

私はデブサミやJJUG CCCなど200人規模で登壇経験ありです。海外での登壇も短いながらあり。デブサミ2017では公募スピーカー1位でした!

プロジェクト・アンチパターン

  • 不可視のPM

【概要】
体制図のプロジェクトマネージャーには
○○部長や△△課長とある。
しかし、実際に会うのは飲み会のみである。
実運営においてはPM不在となり
収拾できない状況となる。
【対策】
PM補佐などの名目で体制図に実際のPMを追加し、
プロジェクトを運営するだけでよい。

  • ビル内オフショア

【概要】
同じ作業場所なのに
設計チーム、製造チームなどの単位で
違う部屋にいる。
設計への質問は部屋を移動するか、
(セキュリティで部屋に入れない場合もある)
メール、電話をしなければならない。
そのため設計と製造で認識がずれる。
【対策】
同じ部屋で作業する。
設計者、製造者の席を近くする。

  • 作られた敵

【概要】
無謀な納期、多発する仕様変更などで
疲弊してしまい、自分を守るためにそれぞれが
自分の敵を作ってしまうこと。
たとえば製造者がその設計担当者を敵とする。
こうなると本当のプロジェクトのゴール、
お客様に喜んでもらえるシステムを作ることではなく、
自分の工数確保のための行動となってしまう。
こうなるとプロジェクト成功の確率はかなり低くなる。
【対策】
対策案募集中。