読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fight the Future

何かを始めたら、半分成功したのと同じ

生徒は自分の鏡

育成

子供に教えるときは、彼ができるようにならなければ
教えている自分が悪い、と考えるようにしていた。


大人に教えるときはどう考えればいいだろう?


たとえば、研修としてある課題を渡して期日を決める。
期日に間に合わないときはすぐ報告するよう何度も念を押した。


しかし彼は報告せず期日に間に合わなかった。
この報告は実際の仕事の上で大事なことだし、
「何度も言ったのに!」と思って怒る。
これに間違ったところはないし、研修だから怒れば済む。
きっと彼も次から必ず報告するはずだ。


ここで考えを止めることもできる。
だが、この件で教えている自分に落ち度はまったくなかったのか?


いや、いくらでも考えられる。
彼に自分はどう思われているか?これを考える必要はあると思う。
でなければいつも同じことの繰り返しだ。
「最近のやつは何を考えているかわからん」ではない。


すべての人に好かれることは無理に決まっているが、
講師は違う。余計なことで嫌われないほうがいい。
いくらいいこと、正しいことを言っても、
人間としてよく思われていなければ、それは伝わらない。


嫌われる要因はできる限り取り除くべきだ。
服装や身だしなみ、話し方、語気の強さ、言い回し…
そう、彼も変わるべきだが自分も変わらなければならない。
「生徒は自分の鏡」なのだ。