読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fight the Future

何かを始めたら、半分成功したのと同じ

trainer

若手に覚えてほしい質問の仕方

これの逆バージョンだね。 若手に覚えてほしい質問への答え方 - Fight the Future じゅくのblog http://d.hatena.ne.jp/jyukutyo/20081028/1225185025 僕は「何でも質問してきていいよ」というようにしている。 それは、何時間もそれで悩んでしまって、工数…

ソフトウェアエンジニアは技術力だけでもいい、技術力以外の何かでもいい

技術しか学んでいないプログラマはダメだ、みたいな話が流行のように、周期を伴って叫ばれる。僕個人は、そんなことどうだっていいんだ、って考えてる。 技術があるかないかとか、ビジネスに転換できるかどうかとか、業務知識があるかどうかとか、ほんとどう…

メンバーからの提案に「No」を言わない

メンバーからの提案に「No」を言わないってのは、とても大事なことだ。もし実現できないことでも、「No」とは言わず、「Yes, but...」形式にして、はじめに「Yes」と言う。「あとでいいんちゃう?」みたいにはぐらかしてしまうのも、いい結果とならない。 プ…

人は、自分で心からやりたいと思ったとき、最高の働きをする

僕らはシステムを作っているから、何かを始めるときにもつい制度を作ることから考えてしまう。 けれど人は機械ではなくて因果に必ずしも従わない感情を持った生物だから、制度を作れば動くようになる、というわけではない。 「どうしたら人は起つのか」は、…

スケジュールについてPMが知っていなければならない、絶対原則

スケジュールについてPMが知っていなければならない、絶対原則。 完了日を1点で見積もるのは絶対にムリだ、ということ このことはエンジニアがタイトル買い、著者買いすべき本 - Fight the Future じゅくのblogでも紹介した本から学んだ。ソフトウェア見積り…

ジョエルと紹介する本が一致していてうれしい

技術評論社のgihyo.jpにWEB+DB PRESSに掲載されていたジョエルのエッセイの翻訳がある。 プログラムマネージャになるには エッセイの最後でジョエルから本が紹介されているけれど、どちらも僕もとても推している本なので、すごくうれしい。 プログラムマネー…

「手順」ではなく「構造」を知ろうぜ!

ホッテントリのあとのエントリは緊張するね。すぐフィードの登録数とか減ったらヤダなw 今、プログラミングにはどんどん便利なツールが出ている。 きらびやかなGUIも簡単に作れる。 僕はそこら辺にいるフツーレベルのエンジニアだけど、若い人たちに伝えた…

エンジニアがタイトル買い、著者買いすべき本

著者買いすべき本! ファウラー、ジョエルは知名度もあり、改めて僕がどうこう紹介する必要はないと思うけど、ここではスティーブ・マコネルを特に推したい。 読んだ人には非常に高い評価を得ているけれど、その分厚さや価格もあってなかなか広まっていない…

「知っている」とはキーと概要のMapを頭に作ること

ちょっと遅れてトラックバックしてみる。 Silverlightでも、Androidでも、DBUnitNGでもHudsonでも、 この業界(ソフトウェア開発)は、知っていることを仕事に役立てることができる。 「知っている」ということで、 開発の効率をグンと伸ばすこともあるし、…

ただ単に何かやれば「経験」になるわけじゃない

経験には「質」があるんだよ。 長くやってればそれだけ「経験がある」わけじゃない。 長い期間やっているマネージャだからといって、無条件に全員マネジメントがうまいわけじゃないよね?? 長い期間やっていれば、それだけ経験豊富というのが一般的なイメー…

人の能力は初期値だけで決まるんじゃない

エンジニアは実力が割とはっきりしやすいこともあって、後輩といえども現時点の実力ですべてを判断しがちだけど。人の成長を見守るというのは、また違った心構えが必要だと思う。 たとえば同じ時期にプログラミングを始めたとして、要領がよく初めの能力が高…

BigDecimalはvalueOf()でインスタンス作ろうぜ

new BigDecimal(10); BigDecimal.valueOf(10); も同じ値を持つインスタンスを生成するけど、valueOf()を使おうぜ。 この static メソッドは、よく使われる BigDecimal を再利用できるようにするために、long を引数とするコンストラクタの代わりに提供されま…

ソフトウェア工学はおもしろすぎる

僕はバリバリの文系プログラマだ。 でもソフトウェア工学はおもしろすぎる。 「この業界はずっと勉強し続けないといけないから大変だよ」と若い頃言われた。 違うよ。「し続けないといけないからおもしろい」んだ。 僕は今何かの技術でトップなわけではない…

若いうちから窮屈な考え方をしない!

よく「○○はしないようにしてる」という行動を制限する考えがある。 カラオケには行かないようにしてる、みたいな。 ここではカラオケはどうでもよくて。 それが犯罪であったりとてもお金や時間がかかったり健康を害するものでないなら、そんな窮屈な考え方は…

目標管理は費用対効果が合わない

組織として整えるべきは目標管理制度ではなく、その会社の社員の行動がどうあるべきかと、実際の行動に対する評価(フィードバック)をどうするのかってことだ、と言いたい。 会社は目標じゃなくて行動をマネジメントしろ - 今日とは違う明日 禿同。超禿同。…

第2回社内デブサミしました

僕は株式会社クロノスに所属しているんですが、「クロノスエンジニアの会」略して「エン会」という社内デブサミを3ヶ月前開催しました。 デブサミと言えるほど大きなものでもないんですけど。 第1回では先輩社員が主にセッションしたから若手社員には少し内…

人事について的確に捉えてる記事だなあ

IT企業を襲う「優秀なプロマネ不足」の打開策 − @IT自分戦略研究所 via kwoutPMの話だけでなくIT企業の人事問題を的確に捉えてる。 IT業界における技術の変化は非常に早く、同じ技術を使って同じ仕事をしていては、いずれ給与に見合う価値を発揮できなくな…

オンリーワンの誘惑

オンリーワンは誤解されている言葉だと思う。 その誤解とは、SMAPの『世界にひとつだけの花』でいうと NO.1 にならなくてもいい もともと特別な Only one の「もともと特別」の部分に特に感じる。 これは(おそらく歌詞の真意ではないと思うが)「何もしなくて…

若手に覚えてほしい質問への答え方

「第一声で質問への答え/結論を述べること」質問するとこういう人がいる。 「○○はスケジュールどおりですか?」 ↓ 「○○は今ここをやってまして、ですが先に××の作業がありまして・・・」 この答え方は完全にアウト。 質問した人が聞きたいのはあなたの状況で…

管理者とは

システム開発の仕事は、「自ら考える」ことが必要な仕事です。自発的に工夫したり、考えたりしながら作業を進めているSEにとって、単なる作業マシーンの役目を指示されることは、とても苦痛なのではないでしょうか。 キャリア・働き方を考えるブログ: 第3回 …

「下流から見たIT業界」がおもしろい

下流から見たIT業界: SEとPG、どっちが頭がいい?(2) 例えば企業の会計システムを作るとします。その設計に携わって企業の会計を知ることができるようなSEがどれだけいるでしょう。会計の知識はそんな甘いものではありません。 下流から見たIT業界: SEとPG…

まつもとさんに禿同

まつもとさんのセッションのレポートがあった。 http://gihyo.jp/news/report/01/pasonaconf2008/0004 自分で考えていたこととスゴく同じで、安堵した。 楽しい仕事をしたかったら,自分はどんな仕事をしていたら楽しいのかということを把握してないといけな…

テストが5教科あっても合計が高ければ内訳はどうでもいい

僕も塾講師をしていたから教育について考えることがたまにある。 僕もそうだったが、日本の教育は5教科あれば5教科とも点数を高くすることを求める。 言い換えれば教育としてゼネラリストばかりを育てるという方針だし、 学ぶ側は「すべてによい点数をとらな…

コミュニティがどうして仕事を楽しむことにつながるのかわからないと言われて

僕は人見知りが激しくて、コミュニティはまだまだ参加だけって感じでもあるんだけど。 「エンジニアとしての楽しさを思い出させてくれる」のがコミュニティだと思う。 「刺激」と言い換えてもいいかもしれない。 たしかにコミュニティに参加したからって、プ…

なぜ重要なことが部下に伝わらないのか

「何回も言ってるのに!」って僕もよく思ってしまうなあ。 でもたしかに講師をやるときは、同じメッセージを何度も伝えてる気がする。 プロジェクトでも同じ心構えを持たないといけないな。 「重要なことを伝える重要なポイント」とは、 * あなたはそのメッ…

行動せず批判だけするのが一番簡単だけど

行動せず批判だけするのが一番簡単だけど、一番いやしい感じがする。 特に何かを意識してのエントリじゃないんだけど、 最近よくこのことを感じる。 批判だけの人を目にして、人間の醜い部分を見せつけられてしまう。 ここでの行動ってのは目を引くような行…

「プログラミングができる」と言える基準って?

何ができたら「プログラミングができる」と言っていいんだろう? 正直、僕は自分がプログラミングができると思ったことはない。 もちろん仕事関係の場では「できる」と答えているし、プロジェクトでは頼られることもあるのは事実だ。 それでも本心からプログ…

エンジニアのすべてを現場に求めてしまうと

エンジニアとしてのすべてを現場であるプロジェクトに求めてしまうと、 社会人としてつぶれてしまうな。エンジニアを楽しめないな。 これは何も特殊な話ではなくて。 1つのことにすべてを求めてしまうとダメになった経験は人間あるもんだ。 たとえば彼氏彼女…

徹夜は恥だ

特に幼子を抱える父親の役割を果たさなくてはならない人間にとって、「何週間にも渡って週末の予定がまったく立たない」、とか、「プロジェクトが終わりさえすれば、ゆっくり休めばよい」という安易な妥協は相容れないものがあります。 cpainvestor.com | 超…

人を評価する基準は「貢献」だ

何を評価するか 僕も人を評価する立場になって、いつも頭を悩ませてる。 けど、人生の経験も少し得たからか以前よりも「はっきりとした形がないもの」を重視するようになった。 自分が評価される側であったとき、どんな資格を取ったとか、いいコードを書ける…

「意味ない」って言うのやめないか

こういうのは日本だけ?何かをやっている人に「意味ない」って言うの。 エンジニアになって一番そういうの言われたのは「資格なんてとっても意味ない」って言葉。 たしかに資格を取ったからって何かが変わるわけじゃない。「資格の有無」に意味があるわけじ…

モウリーニョに学ぶマネージャ論

タイトルはやたら釣りっぽいけど、かなり真剣。 もう何年も考えてたから。 モウリーニョは知ってる人も多いと思うけど、サッカーの監督。元ポルト、チェルシーの監督で、現インテルの監督。2回チャンピオンズリーグ(CL)で優勝してる。45歳にして異なるチーム…

Googleの人材吸収力

「全員がスーパースターじゃなくていい。それぞれに頑張れば、尊重されるし尊敬もされる」 自分の意見にスーパースターが耳を傾け、アドバイスしてくれる体験を重ねた。 「自分が面白いと思っていることをやっている人が、一番面白いものを作る」という考え…

じっと座っていてもシステムは作れない

散歩に行ってはいけない? どうして業務中に散歩に行けないんだろう?という疑問から考えてみた。 僕は協力会社としていろいろな会社のプロジェクトに参画している。 でも、いまだかつて散歩に行けたプロジェクトはない。 10分散歩していいですかと聞いてOK…

ひらめきは魔法じゃなく技術の蓄積だって

コレ読んでる。 イノベーションの神話作者: Scott Berkun,村上雅章出版社/メーカー: オライリー・ジャパン発売日: 2007/10/29メディア: 単行本購入: 15人 クリック: 177回この商品を含むブログ (64件) を見る まだ途中だけど、めっちゃおもしろい。 ひさびさ…

後輩が「エンジニアの未来サミット」に行く

会社の後輩がエンジニアの未来サミットに行くと言ってきた。 素直にうれしい。 ついにそういう後輩ができたと思うとうれしくてたまらない。 仕事で行くわけじゃないので自費だ。 僕もデブサミに行ったとき、自費だった。 それでも、払った分は、いやそれ以上…

「失敗」への対策は「管理」じゃない

「失敗」を繰り返さないための対策は「管理」を強化することじゃない。 たとえば、プロジェクトにおいてあるメンバーのスケジュールが遅れていたことが後でわかった。 よくある対策としてはメンバーの進捗を「より」きちんと管理するという発想。 これが「管…

幸か不幸か、家でも技術を磨けてしまうこと

僕もソフトウェアエンジニアが他業種のエンジニアとちょっと違うなあと思ってたことがまさにこれだった。 例えば車作ってる人が板金や旋盤の技術を高めるというのは、日常業務とほぼ繋がっている上に、そもそも「会社でしか作業できない」という制約があった…

エンジニアとして大切な2つのこと

なんか最近思うエンジニアとして大切なこと。 仕事とプライベートに(厳密な)境界線を引かないこと 技術を楽しむこと 技術の勉強は業務時間内にやるべき!とかよい残業とは!みたいな話につながるけど、 厳密に境界線を引きたい人には(システム開発の)エンジ…

HTTPにおけるステートレスを説明するときのいいたとえ

* 客: こんにちは * 店員: いらっしゃいませ。○○バーガーへようこそ * 客: ハンバーガーセットをお願いします * 店員: サイドメニューは何になさいますか? * 客: ハンバーガーセットをポテトでお願いします * 店員: ドリンクは何になさいますか? * 客: ハン…

仕様に対するPGの視点・SEの視点と、それらを超越しなければならないということ

2,3年目の開発者向けに考えてみた。 エンタープライズシステム開発において、各人に作業上問題になっていることを聞くと、必ず出てくる単語が「仕様」であることは間違いない。 PGの視点 仕様(設計)が全然決まっていなくて、仕様変更が多い。。。 SEの視点 …

「レビュー」と工程ほど誤解されているものはない

彼は最も酷いレビューのいくつかの例を次のように挙げている。コーディングを行った開発者を脅したり攻撃したりする魔女狩りレビュー深刻な問題は放っておいて、記述方法やインデントについて注力する中括弧論争レビューレビュアーが事前にコードを見ること…

行動>>>越えられない壁>>>願望

人はみんな仕事において「こうしたい(したくない)」というものがある。 ソフトウェア業界であれば、設計がしたいとか、仕様をコードに変えるだけなのは嫌だとか。 メンバーのそういう感情は、管理する立場であればとても大切にしなくちゃダメだ。 感情には理…

考えて仕事をするってことは指示された仕事だけするよりも何倍もしんどい

なんか最近僕ら(エンジニア)の憧れはGoogleか37 Signalsになってきたね。 シンプル仕事術を実践する37 Signalsが仕事中に自問していること | IDEA*IDEA http://www.ideaxidea.com/archives/2008/03/37_signals.html 最近気付いたのは、仕事をする上でもっと…

考え方の伝達にどれだけの時間を割いているか

全社員に会社の方向性を共感してもらうには - CNET Venture View http://v.japan.cnet.com/column/ptraining/story/0,3800084969,20369501,00.htm ビジョナリーカンパニー系の話。 でも本当に大切なことだと思う。 私利私欲のための理念では、多くの社員に共…

ソフトウェア業界の最高職位(の1つ)はプログラマ

ソフトウェア業界(システム開発)ではプログラマから職位をスタートする。 職位に厳密な基準はないけど、だいたいこんなの。 プログラマ システムエンジニア(SE) アーキテクト アナリスト プロジェクトマネージャ コンサルタント 下の方が上級職位で、一般的…

Re:バイキング式のレストランで給仕を待つ君たちへ

こういう意見はすぐ強者の論理みたいに思われてしまうけど、どうだろう?? そろそろお気づきだろうか。こういった「宛名のない善意」というのは、自らそれを使わなければ何も起こらないということを。たとえ自分の目と鼻の先にそれがあっても、自分で手をの…

OOエンジニアの輪! 〜 第 40 回 関 将俊 さんの巻 〜

若いエンジニアへ 若いエンジニアに一言。 若いエンジニアって僕も若いんですけど(笑)。プログラミングした方がいいですよとか。 それはどうして、また? いや、わかんないけど、してんのかな?と思って(笑)。ブログ書いているんでしょ、きっと。 OOエンジニ…

Re:優秀な人はパチンコの右下

技術力が無い人は「最低限の技術力をつけようか」と技術習得に集中できる。さらに技術力が無いため,即戦力ではない印象(まかせたら危なっかしい的な印象)しか与えないので,事務処理をまかせられることも無い。さらに先輩からのアドバイスで「わからなか…

「こちら側」に来た後輩が現れた

梅田さん風な表現だけど。 「こちら側」に来た後輩が現れた。 # あえてネットの向こう側を「こちら側」と逆にした。 僕も社会人5年目が終わる。 同期に恵まれてることは何度か書いてるけど、今までエンジニアとしての刺激はいつも同期や先輩から受けていた。…