読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fight the Future

何かを始めたら、半分成功したのと同じ

スーツとギークの対立も初心者の弊害も、すべてはここに通じる

スーツだ、初心者だというカテゴリではなく「その人はプロフェッショナルか」が大切なのでは。 ソフトウェア開発には、よいソフトウェア*1を作るという前提が絶対にある。 たとえ技術がわからないスーツであっても、プロフェッショナルであればこの前提に立…

ビジネス書・自己啓発本の甘い罠

夢をかなえるゾウを読んでニヤニヤしながら靴を磨きました : akiyan.com http://www.akiyan.com/blog/archives/2007/08/post_101.html 「なぜ成功したい人は意識を変えようとするのか?」 「それは、意識を変えることはラクだからだよ。思うだけでいいからね…

チームリーダーが心配しているのは僕か?進捗か?

いやあ見事にやる気をくじいてくれるなあ。 僕は体調を崩し、先々週2日、先週1日休んでしまいました。 今日のチームリーダー(他会社)との会話。 チームリーダー(l):「jyukutyo、体調はもう大丈夫?」 jyukutyo(j):「ほぼ大丈夫です。」 l:「進捗は?」 j…

エンジニアとしての楽しみ

個人的には「わかるようになる・できるようになる」 = 「楽しい」だと思ってます。プログラミングでもできるようになれば楽しい。 仕事で触れるプログラミングはどうしても局所的になるから、やっぱりある程度個人で勉強していかないと、わかるようにはなら…

教え子がSJC-P合格!

5月に僕は東京である企業の新人研修の講師をしました。2週間だけでしたが、Javaを初めからServletまで講義しました。その時の新入社員からメールが来て、SJC-P合格!との報告を。早いなあ。Javaを始めて3ヶ月ぐらいだし、研修は2週間しかなかったわけだから…

今日気づいたこと

自分自身の感情の動きとして、信頼していない人からの指摘とか注意って、素直に受け止めるけどなぜか後味が悪かった。なんでか今日気づいたけど、僕が信頼していない人って自分のことしか考えてない人なんだ。だからどうしても「あなたはどうなんですか?」…

ソーシャルスタイル

ITプロフェッショナルの記事おもしろいですね。 血液型とかと違って少し科学的っていうか実用的。

生徒は自分の鏡

子供に教えるときは、彼ができるようにならなければ 教えている自分が悪い、と考えるようにしていた。 大人に教えるときはどう考えればいいだろう? たとえば、研修としてある課題を渡して期日を決める。 期日に間に合わないときはすぐ報告するよう何度も念…

ITエンジニアを続ける上でのヒント

考えただけ、思いついただけ、やると決めただけでは、何も起こりません。 実際に行動を起こす、勇気を持って、今日、いま、行動力をもって実際にアクションを起こすことが、ITビジネスの成功の軸でキャリアを伸ばすために求められます。 自分に言い聞かせよ…

某所より。モチベーションとは

いつも読ませていただいているところで ズバリそうだと思ったことがあったので、 それについて。 トラックバックとかいきなりするのってどうなのか よくわからないのでこういう形をとりました。 モティベーションが高いから成功するんじゃない。 成功してる…

実行とは

実行について掘り下げてみる。 実行で一番大事なことは、 教えられる人が「自分で言ったことを全力を尽くして実行する」ことだと思う。 向上心の高さを示すことになるし、 教える人から、さらには会社の人たちから信頼を得やすくなると。 つまり、「読んでみ…

反応と実行

大学生で塾講師として教える立場で、 社会人になり逆にまた教わる立場になった。 教える立場から見れば、どういう人に力を入れて教えるのか、 教わる人はどうするとよいのか自分なりの考えをまとめてみよう。 教わる人に大切なのは、反応と実行だと思う。 教…

自分で本を買い、読むようにするには?

後輩社員ができ、彼らには力をつけてもらいたいなあと。 自分の場合は 実践J2EEシステムデザイン を猛烈に勧められたことがきっかけ。 こんな高い本、とか難しそうとか思いながら、とりあえず買ってみた。 はまった。 ソフトウェア開発はプログラムの寄せ集…